ストップ! 括目せよ。

全世界のHELLOWEENファンにとっての大事件である。皆は、それを長年信じ、そして願い続けてきた ― ついにその時が。2017年秋、マイケル・キスクとカイ・ハンセンは再びHELLOWEENとステージを共にし、伝説的なオリジナル・ラインナップが甦る。これはガセネタではない。ヴァイカート、キスク、ハンセン、グロスコフは、往年のHELLOWEENの楽曲をライヴでプレイし、ジョイント・ツアーを行なうのである。大ニュースだ、素晴らしい。しかし、落ち着いてほしい。それだけではない! PUMPKINS UNITEDの旗のもと、すべてのパンプキンたちが集結。アンディとキスクがヴォーカルを、カイとヴァイキーとサシャがギターを、そしてマーカスとダニがリズム・セクションを務めるのだ。

PUMPKINS UNITED WORLD TOUR 2017/2018:GOOD. AS. IT. GETS.(意味:最高に素晴らしい

着想

疑うべくもなく、HELLOWEENはドイツでもっともリスペクトされる世界的メタル・バンドのひとつであり、ジャーマン・メロディック・スピード・メタルの創始者であると考えられている。同ジャンルのゴッドファーザーとして、彼らは世界でもっとも影響力のあるメタル・バンドのひとつへと成長した。栄光のキャリアは1984年から始まり、ブラジルの『ROCK IN RIO』、日本の『LOUD PARK』、50万人の前でヘッドラインを務めたポーランドの『WOODSTOCK』など、数多のメタル・フェスティヴァルに出演してきた。また、数えきれないほどのヘッドライン・ツアーや、IRON MAIDENやBLACK SABBATH、DIO、SLAYER、OZZY OSBOURNEらと大規模なツアーを行ない、ボルネオ島、インドネシア、ブラジルのマナウスといったエキゾチックな土地や、標高3,200mを超える世界最標高の首都ラパス(ボリヴィア)でもプレイした。また、1988年のドニントンでのフェスティヴァル『MONSTERS OF ROCK』における10万人の前での華々しいショウは、ANTHRAX、EXODUSと米国をまわったMTV HEADBANGER’S BALL TOUR同様、語り継がれている。メロディック・スピード・メタルの傑作「KEEPER OF THE SEVEN KEYS(守護神伝)」の第1章と2章を含め、これまでバンドは15枚のスタジオ・アルバムと3枚のライヴ・アルバムをリリースしてきた。総セールスは800万枚を超え、14のゴールド・ディスクと、6つのプラチナム・ディスクを獲得。30年にわたりHELLOWEENは、極上のリフと素晴らしい楽曲、耳から離れないメロディでファンを魅了してきた。そして2015年、その世界的キャリアの30年間を『HELLBOOK』をもって正式に祝福。それが、このPUMPKINS UNITEDのアイディアが生まれた瞬間である。この「アニヴァーサリー・バイブル(記念聖書)」は、カイたちとのツアーだけでなく、バンドが次なる章に進むべきであると彼らに気付かせた。キスクはこう語る。
「UNISONICとしてHELLOWEENの曲を歌うことは完全に回想だったけれど、オリジナル・ラインナップとアンディとでロックすることは、とてつもなく特別なものになるだろう。時は満ちた!」
 キスク、ハンセン、ヴァイカート、グロスコフの間に生じる化学反応は非凡であり、常にそれを望んできたあなた達のためのリヴァイヴァルである。今、完全なるキャストと強烈な興奮をもって巨大なイヴェントが実現する!

詳細

このスーパー・ツアーにおいて最初に決定した日程は、2017年10月28日のブラジルはサンパウロ公演であり、パンプキンたちは、南米、ヨーロッパ、アジア、北米の選ばれた都市へと向かう。いくつかの極秘サプライズもあるこの究極の重大案件は、30年間のHELLOWEENのレパートリーをフルスピードで駆け抜けるが如く、彼らの名曲で構成された約3時間となるだろう。
「『HELLISH ROCK』のパート1と2で、すでに俺たちは素晴らしい時間を過ごしてきたけれど、今回はそれが倍になる」
そうカイ・ハンセンが語ると、マーカス・グロスコフはこう付け加える。
「長いことプレイしていなかった曲やプレイしたことのない曲も確実に演奏するだろう」

オリジナル・ラインナップは、非常に感情的になるであろうこの世界規模のパーティを、HELLOWEENの全アルバムを持ち、このツアーのチケット確保に奔走してくれたあなたと祝福したいと思っている。なぜなら、このスペシャルなワールド・ツアーは、再結成ではなく、あくまで恐らく今回限りの事であるからだ。アンディが我々の鋼鉄心をこう伝える。
「ミヒ(キスク)時代と俺の時代の曲を、ステージ上で彼と一緒に歌うことを心底楽しみにしているよ。絶対に特別なものになるだろう」

息つく暇もないほどの興奮の情報は以上。さあ、深呼吸だ。